ナンバープレートの変更は中古車の個人売買では購入側が費用を支払う

ナンバープレートの変更は中古車の個人売買では購入側が費用を支払う

欲しい中古車をネット上から探していると、個人売買で販売をしている車両を探すことができます。
代行サービスを行っている専門会社がネット上にサイトを開設している場合もあり、どちらにしても同一車両でも販売価格が安いことが大きなメリットです。
仲介をしている会社を通す方法では書類のやり取りから名義変更も依頼することはできますが、既にナンバープレートが無い中古車の場合は当然ながら公道を走行させることができません。
個人売買では遠方から購入をする方も多いので、陸送の方法で指定場所に納車させることが一般的ですが、購入契約を済ませた段階で、新しいナンバープレートは購入側の負担で料金を支払うことも一般的です。
理由はお住いの地域で登録をする必要性があり、地域によって料金が変わるものなので、車検証を確認しながら地元で手続きをすることが求められるためです。
発行自体は決して難しいことではなく、インターネットからでも車検証があれば発行手続きを済ませることができ、普通車で2,000円程度、希望ナンバーでは4,000円程度が相場なので決して負担に感じる費用ではないので問題にはなりません。

中古車の購入や維持に関わる税金にはどういうものがあるか

自動車は、大変便利な乗り物です。
行きたいと思った時に、行きたいところに運んでくれます。
バスや電車などの交通公共機関であれば、運行ダイヤに合わせた予定を立てなければなりませんし、近くまでは乗っていけるものの目的地までたどり着くことはできません。
自動車の場合には、自分の好きな時間に好きな場所に辿り着くことが出来ます。
このように便利な自動車なので、手に入れたいと思う人も多いはずです。
しかし、新車を買うとなるとそれなりの値段になりますので、なかなか出られないというのも事実です。
そのようなことから、中古車の購入という選択肢が出てきます。
新車に比べれば割安で買うことができます。
ただ、中古車の購入の際には新車に比べ購入費用については安くなりますが、税金などの面で気をつけなければならないことがあります。
購入の際には、自動車税や自動車重量税、環境性能割や消費税がかかり、維持する際においては自動車税や自動車重量税が必要となりますが、環境性能割は古い年式の車の場合には割高になります。

中古車売買の自己負担について
ネットで売買を行う時の流れ

このサイトでは、ネットオークションやフリマサイトで売買を行う際に知っておきたい中古車の個人間売買で多い疑問と解決を解説しています。
その他にも、自賠責保険の期間が残っているときのこの車の売買の方法やナンバープレートの変更はこの車の売買では購入者側が費用を支払わなくてはならないのかを説明している記事を掲載しています。
何か一つでも気になる記事や情報があったと言う方はその記事や情報をチェックすることがおすすめです。

Search