自賠責保険の期間が残っているときの中古車の個人間売買は?

自賠責保険の期間が残っているときの中古車の個人間売買は?

中古車で自賠責保険の期間が残っている時の個人売買はどうしたら良いのかを、簡単に説明します。
まず自賠責は、車検証発行日から1か月多くかけられていることがほとんどです。
車検前に購入した場合はいくらか残っているので、そのまま受け取るようにしましょう。
自賠責は車体番号でかかっているので無理して名変する必要も実はありません。
中古車を購入した時に、気になる人は名変を依頼すると代理店が名変をしてくれます。
しかしその場合も少し時間が空くのでそれは問題といえそうです。
そのために前の人の名義をそのまま使っている時も多いのです。
そして車検の時に新しい所有者の名前と住所をきちんと話しておけば、それに対応して住所と名前を付けてくれます。
その場合は特別な手続きもいらないですし、もちろん印鑑も不要です。
万一待てずに自賠責保険を名変したい場合は、専門の書類に全所有者の認め印を押してもらっておきましょう。
それで対応が可能となります。

中古車を購入する時に自己負担になる部分とは

自動車は新品で購入する場合には簡単に支払いができるような金額ではないことがほとんどであり、性能は進化していて古い車種であっても必要なメンテナンスを行えば乗車できるので、中古車で購入する人が多くなっています。
中古車の場合は新車と比較すると以前の所有者の使い方で補修や交換が必要な部品が発生してしまい、新たな所有者が生じた際には走行に問題が無い状態にする必要があるでしょう。
この場合に問題になるのは、全ての補修が販売側にあるわけではなく、購入者の自己負担になってしまう部分もあるということです。
一般的に販売側は走行する時に重大な欠陥になる部分は無償で交換などを行いますが、そこまで酷い状態になっていなければ何もしません。
これは法的な車両検査で審査基準に合致している要件を認めているからであり、販売者に責任が無いとされる根拠になっているからです。
ただし、継続して使用すればその部分の状態は悪化する可能性は高くなるので補修を依頼すると、業者側の方針で自己負担になるケースもあります。
これは法的には全く問題が無いので、それでも販売側が無償で補修してくれる場合は温情であり、義務ではないことは理解してください。

中古車売買の自己負担について
ネットで売買を行う時の流れ

このサイトでは、ネットオークションやフリマサイトで売買を行う際に知っておきたい中古車の個人間売買で多い疑問と解決を解説しています。
その他にも、自賠責保険の期間が残っているときのこの車の売買の方法やナンバープレートの変更はこの車の売買では購入者側が費用を支払わなくてはならないのかを説明している記事を掲載しています。
何か一つでも気になる記事や情報があったと言う方はその記事や情報をチェックすることがおすすめです。

Search